エロチャットを希望する28歳の現役ナースとLINEを交換

 アトミックな欲求不満を抱えていましたから、僕は瀬戸口から教えてもらった、出会い系サイトのJメールとワクワクメールのアプリを、スマホにインストールしました。
親友に言われていた通り、プロフィールを充実させる。
これは女の子が読む部分だから、確実に充実させなければいけないのだそうです。
登録作業を終えて、大人のエッチ掲示板をのぞいてみたのですが、驚くぐらい大勢の女の子たちが投稿していました。
エロイプは、楽勝だと直感しました。

 

 メールを送っても、すでに相手がいるのか、なかなか返事が返ってこない状態が続いていたのですが、我慢してアプローチを続けました。
結果、Jメールで、エロチャットを希望する28歳の現役ナースからのメールが届きました。
本気で、スマホ片手に飛び上がってしまっていました。
丁寧に返事を書く。
「エロチャットで、私をエロい気分にしてくれる?」
「うん、いっぱいエロいこと言ったり、指示出します」
メールのやりとり、往復3回。
LINE交換になり、まずは文字からお話をすることになりました。
「下着は?」
「黒地に白の水玉」
年上の看護師さんのパンツを妄想しては、フルにオッキ。
「オッパイの大きさは?」
「Dカップ」
大きめでドキドキ。
「マン汁は出てるの?」
「オナニーしていたから、濡れてるよ」
僕の心は乱れまくっていました。
一通り、文字でやりとりした後、通話することになりました。
看護師の志真ちゃんの声は潤んでいました。
吐き出す吐息の色が桃色。
猛烈な卑猥感が、僕の全身を包んでいくような感覚です。
「クリちゃん剥いて、指でこすってみて」
「あ・・・いい・・ああっ、はぁ・はぁはっ・・」
乱れた年上のナースの声に、脳内が真っ白になっていく感じ。
顔は熱く火照りました。
いつしか、肉棒を握り締め、夢中になって摩ってしまっていました。

定番サイト登録無料

オナ友を探してセフレにするならココ!!

page top